質問:右すね周りと内足くるぶしの痺れ・麻痺について。

株式会社 A-ONEグループ

0829-30-7790

〒738-0054 広島県廿日市市阿品4-1-23

平日 8:00~13:00 / 15:00~21:00 土曜 8:00~18:00
定休日: 日曜・祝日

ブログ

質問:右すね周りと内足くるぶしの痺れ・麻痺について。

お客様の声神経痛

2017/11/03 質問:右すね周りと内足くるぶしの痺れ・麻痺について。

■ 質問内容 ■

右すね周りと内足くるぶし上の痺れ・麻痺━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年ヘルニアがかなり痛み出して歩くのがむつかしくなり整形に行った所 痛みは引いたのですが右足の屈伸力が弱くなりやがて膝周りが痺れがきれた時のような痺れ と 内足くるぶし上辺りの痺れが発生しだしました。

今までのヘルニアが発生した時には出ませんでした。 屈伸力はかなり戻ってきたのですが 痺れ・麻痺及び少し歩くのにぎこちないような感覚が1年ほど続いています。

手で触っても触らてている感触もかなり弱いです。腰も左に比べて右の方に痛みは有るようには感じます。

近日MRIも撮影したのですが ヘルニア自体は 1年前より小さくなっていますとの事で この痺れ・麻痺は なぜかはっきりしないとの事でした。 今後、受診する場合の科 とか 自分で出来る改善体操など 経験のある方がいましたら 教えて頂ければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記の内容で、業界の専門家の皆さまに質問が寄せられています。

ぜひ、A-ONEなかまる整骨院(ゆるみ整体) さんの専門知識を貸してください。

神経の症状は3つあります。
①痛み
②シビレ
③脱力
です。よって、まだ神経症状は治っていません。痛みが引いた分、他の症状を知覚しやすくなっただけです。
一概には言えませんが、
①神経自体に、注射や鍼の侵襲性の影響で、傷が出来た場合、神経の傷が治る場合と治らない場合があり、その神経損傷の症状が出ていると思われます。
②神経周囲の筋肉に乳酸・カルシウムなどが沈着した状態で、その沈着して固まった筋肉が、その間を通っている神経や血管を圧迫して、神経症状が出ている場合があります。
①は、最近の例でいいますと、巨人の沢村投手が、鍼灸治療で長胸神経を損傷し、腕が一生上げれなくなったのがあります。他、今まで多くの患者さんで整形や外科で注射した後から肘や腕が痺れるといった症状が持続している場合などあります。このケ-スは治りません。残念です。(腰部や、脚の関節に注射や鍼を刺した経験がある場合がこれです)
②足の踝付近ですと、腰椎4、5番周囲の筋の石灰化が原因と思われますので、そこを重点的に、緩解する操法や施術を行っていくことにより、時間はかかりますが、確実に良くなっています。
今後受診する場合は、整形外科と、僕たちのような物理療法や整体技術を売りにしている西洋医学も勉強している整体師(柔道整復師・理学療法士)の施術を併用していけば、良い結果が出ると思います。自分の考えでは、整形外科の先生がピンポイントで〇〇すれば治るんではないかと思いますが・・・これ以上は言及できません。
自分でできる改善体操はあることはありますが、これだけに頼ってもおそらく悪化します。治療と併用して改善していくものです。だから、経過観察をしながら、治療に来られない間はこういうことをして、悪化しないように維持させてください程度です。

 

 

ゆるみ整体院
住所:〒738-0054 広島県廿日市市阿品4-1-23
電話番号:0829-30-7790
営業時間:8:00~13:00 / 15:00~21:00 土曜 8:00~18:00
定休日:日曜・祝日

TOP